戻る 2021年4月4日〜5月3日の更新部分【日付昇順】(226件) 戻る


 
 
< 1 >  記事番号[1]〜[5] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_05_03_01]
「なぜ私は原発運転を差し止めたのか」元裁判長が語る 毎日新聞  2021/05/03 TOP
◇元裁判長が語る原発の不都合な真実「私は2014年5月、関西電力大飯原発の運転差し止めの判決を出しました。多分みなさんが思っているより、裁判所というのは健全な組織なんです」(後略)

 
[2021_05_02_03]
土曜の揺れ 三たび 宮城で震度5強、交通混乱 河北新報  2021/05/02 TOP
1日午前10時27分ごろ、宮城県で震度5強の地震があった。青森、岩手、福島各県でも震度5弱を観測、北海道から近畿の広い範囲で揺れた。気象庁によると、震源地は宮城県沖で、震源の深さは51キロ。(後略)

 
[2021_05_02_02]
「敗訴」に屈せず警鐘鳴らし続けた先人たちの記録 Book_bang  2021/05/02 TOP
東日本大震災から10年という節目に出版された『裁かれなかった原発神話』(かもがわ出版)には、今から約50年前、原子炉の設置許可をめぐって国や大企業と闘った地元住民の記録が克明に記されている。(後略)

 
[2021_05_02_01]
処理水の海洋排出 農相「影響あれば賠償請求」漁業者権益守る姿勢/台湾 フォーカス台湾  2021/05/02 TOP
(前略)行政院(内閣)農業委員会の陳吉仲(ちんきちちゅう)主任委員(閣僚)は1日、政府は台湾が受け得る影響のシミュレーションを進めているとし、もし影響を受けた場合には、漁業者を代表して損害賠償を求めると述べた。(後略)

 
[2021_05_01_04]
高浜原発1号機、当面は再稼働せず テロ対策施設に遅れ 美浜3号優先 福井新聞  2021/05/01 TOP
(前略)杉本達治福井県知事が(中略)関西電力高浜原発1、2号機と美浜原発3号機のうち、関電が高浜1号機の再稼働を当面見送る方向で最終調整していることが4月29日、関係者への取材で分かった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 2 >  記事番号[6]〜[10] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_05_01_03]
宮城・石巻市などで震度5強 東京電力 福島第一第二原発、異常は確認されず TBS  2021/05/01 TOP
(前略)廃炉作業中の東京電力・福島第一原発、福島県楢葉町と富岡町にまたがる運転停止中の東京電力・福島第二原発において、地震による異常は現在確認されていないということです。(後略)

 
[2021_05_01_02]
宮城県で震度5強 津波なし 宮城で5強は3月以来 NHK  2021/05/01 TOP
1日午前、宮城県沖を震源とする地震があり、宮城県の各地で震度5強の揺れを観測しました。この地震による津波はありませんでした。(後略)

 
[2021_05_01_01]
専門家「今後1週間程度 震度5強程度の揺れ伴う地震に注意」 NHK  2021/05/01 TOP
地震のメカニズムに詳しい、東京大学地震研究所の古村孝志教授は「現時点での解析では、地震のメカニズムは逆断層型とみられ、震源の深さから、プレート境界付近で起きた地震ではないかと考えられる。(後略)

 
[2021_04_30_07]
拙速に急ぎ、焦っていたのは、関西電力と国 中嶌哲演 石森修一郎 たんぽぽ  2021/04/30 TOP
◎悲しみと強い抗議の意思をこめて◎拙速に急ぎ、焦っていたのは、関西電力と国◎福井県の原子力3原則に照らして◎大阪地裁の判決で勝訴した住民側の説明は無視、排除したまま(後略)

 
[2021_04_30_06]
高浜2号機、再稼働難しく 安全対策工事に遅れ―関西電力 時事通信  2021/04/30 TOP
関西電力は30日、運転開始から40年を超える高浜原発2号機(福井県高浜町)について、安全対策工事の完了時期を未定に変更した。作業員不足で工事が遅れているため。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 3 >  記事番号[11]〜[15] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_30_05]
関電の旧経営陣、不起訴へ 特捜部、違法性の立証困難 東京新聞  2021/04/30 TOP
(前略)告発された関電の八木誠前会長(71)ら旧経営陣について、大阪地検特捜部が違法性を問うのは困難として、5月の大型連休明け以降、不起訴処分にする方向で検討していることが30日、関係者への取材で分かった。(後略)

 
[2021_04_30_04]
九州電力、2年ぶり黒字転換 首都圏で電力販売増 21年3月期 毎日新聞  2021/04/30 TOP
九州電力が30日発表した2021年3月期連結決算は、売上高が前期比5・9%増の2兆1317億円、最終(当期)利益は321億円で、前期の4億円の赤字から2年ぶりに黒字転換した。首都圏での電力販売量の増加などが寄与した。(後略)

 
[2021_04_30_03]
「原発処理水の海洋放出は極めて遺憾」福島の農林水産業者や消費者団体が反対の共同声明 福島テレビ  2021/04/30 TOP
福島第一原発の処理水を海に放出して処分する政府の方針に対し、福島県内の農林水産業者や消費者の団体が反対の共同声明を出した。(後略)

 
[2021_04_30_02]
「汚染水放流、国益を損なう」…日本政府与党でも懸念の声 中央日報  2021/04/30 TOP
自民党の中でも汚染水を海に流してはならないという主張が出てきた。(中略)菅首相の最側近であり自民党の山本拓議員は「菅首相の突然の判断は色々な意味で国益を損なうと考える」と話した。(後略)

 
[2021_04_30_01]
島根原発2号機 再稼働に向けた審査の主要な審議終える NHK  2021/04/30 TOP
島根県にある中国電力の島根原子力発電所2号機について、原子力規制委員会は再稼働に必要な審査の主要な審議を終えました。今後、結果をまとめる作業に入り、合格かどうかの判断を示すことになります。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 4 >  記事番号[16]〜[20] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_29_06]
東京電力・福島第二原発の廃炉計画を認可 完了までには44年かかる見通し 福島テレビ  2021/04/29 TOP
4月28日原子力規制委員会は、東京電力が申請していた福島第二原発の4つの原子炉を廃炉にする計画を認可した。(後略)

 
[2021_04_29_05]
社説:40年原発に同意 京滋のリスクも大きい 京都新聞  2021/04/29 TOP
福井県にある運転開始から40年を超える関西電力の原発3基の再稼働に、同県知事が同意した。40年超の「老朽原発」稼働は、東京電力福島第1原発事故後にできたルール「原則40年、最長で延長20年」の初適用事例となる。(後略)

 
[2021_04_29_04]
関電「安全性は確保」 古い設計、長期停止に不安も 40年超原発 時事通信  2021/04/29 TOP
(前略)関電は「以前から60年の運転期間を想定し、技術評価や大型機器の計画的交換などをしており、安全性は確保されている」と自信を示す。しかし、設計の古さは否めず、長期間停止後の運転再開にも不安が残る。(後略)

 
[2021_04_29_03]
40年超の原発再稼働同意に地元住民、思い交錯 福井県の美浜町、高浜町 福井新聞  2021/04/29 TOP
(前略)原発が立地する美浜、高浜両町の住民からは「経済の先行きが見通せる」と歓迎の声が多く聞かれた。一方で、「事故の一抹の不安は消えない」など懸念も少なくなかった。(後略)

 
[2021_04_29_02]
「脱炭素」の声に押され…老朽原発が再稼働へ 使用済み核燃料の行方も決まらず見切り発車 東京新聞  2021/04/29 TOP
運転期間40年を超えた関西電力の老朽原発3基の再稼働に、福井県知事が28日同意した。ただ、知事が条件とした使用済み核燃料の県外搬出は、実現の見通しすらない。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 5 >  記事番号[21]〜[25] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_29_01]
再処理 MOX工場 設工認2回目申請 1カ月程度ずれ込み 東奥日報  2021/04/29 TOP
 日本原燃の増田尚宏社長は28日、昨年審査合格した六ヶ所再処理工場とMOX(プルトニウム・ウラン混合酸化物)燃料工場の2回目の「設計・工事計画の認可(設工認)」の申請時期について、当初予定していた5月から1カ月程度ずれ込むとの認識を示した。同日、青森市の青森地域共生本社で開いた定例会見で明らかにした。

 
[2021_04_28_07]
運転開始から40年超の原発の運転 福井県同意 関電が再稼働へ NHK  2021/04/28 TOP
運転開始から40年を超えた関西電力の3基の原子力発電所について福井県の杉本知事は28日、運転の延長に同意する考えを表明しました。(後略)

 
[2021_04_28_06]
福島第2原発の廃炉計画認可 東電、64年度完了目指す 規制委 時事通信  2021/04/28 TOP
原子力規制委員会は28日、東京電力福島第2原発1〜4号機の廃止措置(廃炉)計画を認可した。廃炉作業は4段階に分け、2064年度の完了を目指す。東電は解体費用について計約2822億円と算定。(後略)

 
[2021_04_28_05]
40年超原発「避難できないのでは」 危機管理に住民不安消えず 毎日新聞  2021/04/28 TOP
福井県の杉本達治知事が28日、「40年超原発」の再稼働に正式に同意した。関西電力の美浜原発3号機(同県美浜町)と高浜原発1、2号機(同県高浜町)の地元では、事故発生時に安全に避難できるのか、懸念する声が根強い。(後略)

 
[2021_04_28_04]
滋賀県知事「再稼働は容認できる環境にない」/滋賀 びわ湖放送  2021/04/28 TOP
滋賀県の三日月知事は、福井県の杉本知事が28日に、福井県内の原発再稼働への同意を表明したことに対し、「再稼働を容認できる環境にない」との立場を表明しました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 6 >  記事番号[26]〜[30] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_28_03]
川内原発の特別点検を検討 40年超運転見据え九電社長 南日本新聞  2021/04/28 TOP
九州電力の池辺和弘社長は28日の記者会見で、原則40年の運転期限が迫る川内原発1、2号機(薩摩川内市)について、「運転延長の可否を判断するための特別点検を検討したい」と述べ、運転延長に向けた作業に入る意向を初めて示した。(後略)

 
[2021_04_28_02]
関電の40年超原発再稼働へ 2年後には再び難関 中間貯蔵候補地に見通しなく 産経新聞  2021/04/28 TOP
運転開始から40年超の原発3基の再稼働に関する地元同意が完了したことで、関西電力は再稼働に向け準備を進める。関電にとって、収益改善と温室効果ガス排出削減の切り札として期待が大きい。(後略)

 
[2021_04_28_01]
東通原発、再稼働24年度以降 東北電、工事完了延期 時事通信  2021/04/28 TOP
東北電力の樋口康二郎社長は28日の定例記者会見で、東通原発1号機(青森県東通村)について、再稼働の前提となる安全対策工事の完了時期を2021年度から24年度へ3年延期すると発表した。(後略)

 
[2021_04_27_10]
中間貯蔵共用案 東電「スタート立つ前」 東奥日報  2021/04/27 TOP
(前略)共同利用する案について、東京電力ホールディングス青森事業本部長の宗一誠常務執行役は26日、むつ市の宮下宗一郎市長と面会し「地元の理解が大前提。共用化ありきではなく、スタートに立つ前である」との認識を初めて示した(後略)

 
[2021_04_27_09]
「汚染水」と言うか「処理水」と言うか どう呼ぼうと放射性廃液に違いはない 山崎久隆 たんぽぽ  2021/04/27 TOP
◎原発からの排水現在、東電福島第一原発敷地内に存在する水は、そのままでは海洋投棄はできない「汚染水」だ。この水と原発(大事故を起こしていない)から放出される排水が同一視されているが、それは間違っている。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 7 >  記事番号[31]〜[35] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_27_08]
原発処理水の海洋放出、東電が福島県漁連に初めて説明 社長は訪れず 東京新聞  2021/04/27 TOP
東京電力は、福島第一原発で発生した汚染処理水の海洋放出を政府が決めたことを受け27日、福島県いわき市で開かれた県漁業協同組合連合会の組合長会で、放出前後の海洋の汚染状況の監視拡充など今後の対応を説明した。(後略)

 
[2021_04_27_07]
李舜臣公園に集まった200隻の韓国漁船…日本の放流に怒り 中央日報  2021/04/27 TOP
漁業関係者が26日、日本政府の福島汚染水放流問題に対して強い語調で批判している。彼らは「第2の閑山島海戦」としながら日本政府に放流決定を撤回することを求めている。(後略)

 
[2021_04_27_06]
釜山市議会「福島原発放射能汚染水の海洋放流を撤回せよ」 ハンギョレ新聞  2021/04/27 TOP
釜山市議会が、日本政府による福島原発放射能汚染水の海洋放流決定を糾弾した。釜山市議会は26日、第296回臨時会第1回本会議で「日本の福島原発汚染水海洋放流決定全面撤回要求決議案」を参席者全員の賛成で通過させた。(後略)

 
[2021_04_27_05]
原発処理水放出「情報公開が不十分」韓国環境相 テレ朝  2021/04/27 TOP
福島第一原発の処理水放出を巡って韓国の環境相は「情報公開が不十分」との認識を示し、日本の対応を批判しました。(後略)

 
[2021_04_27_04]
海洋放出に漁業者の反対相次ぐ 福島・いわき市漁協が集会 共同通信  2021/04/27 TOP
福島県のいわき市漁業協同組合は27日、東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を政府が決めたことを受け、国の担当者を招いた対話型の集会を開いた。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 8 >  記事番号[36]〜[40] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_27_03]
海洋放出撤回求める意見書 福島・南相馬市議会が可決 共同通信  2021/04/27 TOP
東京電力福島第1原発の処理水を巡り、福島県南相馬市議会は27日、政府に対し海洋放出の方針の撤回を求める意見書を全会一致で可決した。(後略)

 
[2021_04_27_02]
梶山経産相 福井県知事と40年超原発再稼働巡り会談 知事、28日同意 福井新聞  2021/04/27 TOP
運転開始から40年を超える関西電力美浜原発3号機と高浜原発1、2号機(福井県高浜町)の再稼働を巡り、福井県の杉本達治知事は4月27日、梶山弘志経済産業相、森本孝関電社長とそれぞれオンラインで面談した。(後略)

 
[2021_04_27_01]
チェルノブイリ 事故前からトラブル相次ぎ隠蔽も 機密文書公開 毎日新聞  2021/04/27 TOP
旧ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリ原発事故から35年となった26日、情報機関のウクライナ保安庁は事故に関する機密文書の一部を公開した。(後略)

 
[2021_04_26_05]
「エネルギー基本計画」 国に原子力政策明確化要請 NHK  2021/04/26 TOP
(前略)福井県おおい町の中塚寛町長らが26日、オンラインで梶山経済産業大臣と面会し、政府として原発の新増設や立て替えなど原子力政策の明確な方針を示すよう要請しました。(後略)

 
[2021_04_26_04]
関西電力の動き 改めて不快感 (青森県・むつ市) RAB  2021/04/26 TOP
むつ市にある使用済み核燃料の中間貯蔵施設に関してむつ市の宮下市長は東京電力の幹部に対して関西電力が共同利用化を選択肢の1つにあげたことについて改めて不快感を示しました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 9 >  記事番号[41]〜[45] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_26_03]
規制基準改正を受け 川内原発が地震動審査へ 南日本新聞  2021/04/26 TOP
原子力規制委員会が今月見直した原発の規制基準の新たな地震評価によって、川内原発では安全対策の基準となる地震の揺れ=「基準地震動」がこれまでを上回ることになり、改めて安全審査を受けることになりました。(後略)

 
[2021_04_26_02]
「40年ルール」なし崩し 再稼働へ突き進む関西電力の老朽原発 福井県知事が同意へ 東京新聞  2021/04/26 TOP
福井県内にある運転開始から40年を超えた関西電力の原発3基が、再稼働へ向かっている。(後略)

 
[2021_04_26_01]
自然エネルギー利用は地産地消型が望ましい 平宮康広 たんぽぽ  2021/04/26 TOP
◎データーセンター内のサーバコンピュータ等は、40度Cまでの温度に耐える。したがって、深層水を35度C前後まで加温できる。(後略)

 
[2021_04_25_01]
大島堅一・原子力市民委員会座長に聞く「福島原発処理汚染水の海洋放出は必ず失敗する」 ゲンダイ  2021/04/25 TOP
廃炉作業が進む東京電力福島第1原発。日本政府は先日の関係閣僚会議で、敷地にあるタンクで保管しているALPS(多核種除去設備)処理汚染水について、2年後をめどに海洋放出処分を決定した。(後略)

 
[2021_04_24_05]
高温の薬きょう原因 三沢対地射爆撃場 林野部で火災2件 東奥日報  2021/04/24 TOP
 米軍三沢基地は23日午後、三沢市と六ヶ所村にまたがる三沢対地射爆撃場で22日夜、火災2件が発生したことを明らかにした。「林野部に排出された高温の薬きょうが原因」で、米軍は「火災の深刻度は低いと判断」したという。

 
 
 ▲5戻る  < 10 >  記事番号[46]〜[50] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_24_04]
「水冷コンビナートと六次産業」 六次産業による地域経済の構築 平宮康広 たんぽぽ  2021/04/24 TOP
◎深層水には、低温性と安定性の他に、清浄性という特徴がある。深層水は事実上の無菌水である。日本国内には、毎時100キロリットルの深層水を取水する施設が約10施設ある。各施設は、深層水の清浄性を活用して養殖や養魚を営んでいる。(後略)

 
[2021_04_24_03]
再生エネと原子力で50%超 経産省、30年度電源構成 共同通信  2021/04/24 TOP
経済産業省が2030年度の電源構成目標で、二酸化炭素(CO2)を排出しない再生可能エネルギーと原子力の合計を50%超とすることが24日、分かった。(後略)

 
[2021_04_24_02]
“40年超"美浜・高浜原発を杉本知事視察 FBC福井放送  2021/04/24 TOP
運転開始から40年を超えた、美浜原発3号機と高浜原発1・2号機の再稼働をめぐり、福井県の杉本知事は現地視察で「安全性は格段に向上している」と一定の評価を示した。(後略)

 
[2021_04_24_01]
処理水放出 茨城漁連「絶対反対」 東電と国に意向 茨城新聞  2021/04/24 TOP
(前略)茨城県内の沿海10漁協などでつくる茨城沿海地区漁業協同組合連合会(茨城漁連)は23日、水戸市内のホテルで、内閣府の担当者と東電の社員から説明を受けた。茨城漁連は改めて放出に「絶対反対」の意向を伝えた。(後略)

 
[2021_04_23_14]
三沢対地射爆撃場で火災か 東奥日報  2021/04/23 TOP
 三沢市消防本部によると、22日午後8時41分ごろ、三沢市と六ヶ所村にまたがる三沢対地射爆撃場内で枯れ草が燃え、炎がフェンスの外に出そうだ−との連絡が米軍の消防からあった。

 
 
 ▲5戻る  < 11 >  記事番号[51]〜[55] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_23_13]
低レベル廃棄物施設 規制委に補正書提出/原燃、近く着工へ 東奥日報  2021/04/23 TOP
日本原燃は22日、全国の原発で発生した低レベル放射性廃棄物を埋設処分する青森県六ケ所村の埋設センターについて、安全審査での指摘事項を反映させた事業変更許可申請の一部補正を原子力規制委員会に提出した。(後略)

 
[2021_04_23_12]
関電前会長ら立件見送り 大阪地検が最終協議 報酬補てん・金品受領問題 毎日新聞  2021/04/23 TOP
関西電力の歴代幹部による役員報酬の補てん(ほてん)や金品受領問題で、大阪地検特捜部は、会社法の特別背任などの疑いで告発された八木誠前会長(71)らの立件を見送る方向で調整(後略)

 
[2021_04_23_11]
国内初、運転開始40年超の原発3基が再稼働へ…福井県議会が同意 読売新聞  2021/04/23 TOP
(前略)福井県議会は23日、再稼働を前提とする意見書案を可決し、同意することを決めた。杉本達治知事は県議会の同意を受け、4月中にも同意を表明するとみられ、国内で初めて40年超の原発が再稼働する。(後略)

 
[2021_04_23_10]
40年超の原発再稼働、同意へ 福井知事、月内にも判断 共同通信  2021/04/23 TOP
福井県議会は23日の臨時議会で、運転開始から40年を超えた関西電力の美浜原発3号機(同県美浜町)と高浜原発1、2号機(同県高浜町)の再稼働を前提に、原子力政策の明確化などを国に求める意見書案を賛成多数で可決した。(後略)

 
[2021_04_23_09]
三沢基地と三沢市消防本部による三沢対地射爆撃場で発生した火災の鎮火について 米空軍_NEWS_RELEASE  2021/04/23 TOP
米軍三沢基地−4月22日午後7時30分頃、三沢対地射爆撃場において通常訓練が開始され、その後2件の火災が発生(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 12 >  記事番号[56]〜[60] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_23_08]
新電力と再生可能エネルギーを潰す「容量市場」は撤廃すべきだ! 週プレNEWS  2021/04/23 TOP
九州電力と宮崎県延岡市の対立が泥沼化している。新電力設立の構想をぶち上げた延岡市長が、九電は違法な手法で新電力潰しに動いていると訴えたことに端を発したこの騒動(後略)

 
[2021_04_23_07]
処理水放出「説明や賠償不十分」 宮城県議会、東電への不満噴出 河北新報  2021/04/23 TOP
東京電力福島第1原発の放射性物質トリチウムを含む処理水を2年後をめどに海洋放出する政府決定を受け、宮城県議会の東日本大震災復興調査特別委員会は22日、参考人として招致した東電幹部から説明を受けた。(後略)

 
[2021_04_23_06]
関電“高浜原発1・2号機"再稼働の条件であるテロ対策工事が期限に間に合わず MBSNEWS  2021/04/23 TOP
関西電力は福井県高浜町にある高浜原発1号機と2号機について、再稼働の条件として国に求められているテロ対策工事が今年6月までの期限に間に合わないと発表しました。(後略)

 
[2021_04_23_05]
韓国・中米8カ国、福島汚染水の放流を懸念する共同声明 中央日報  2021/04/23 TOP
韓国と中米地域の8カ国が日本の福島原発汚染水の放流決定に対して懸念を表明した。(後略)

 
[2021_04_23_04]
40年超原発再稼働へ福井県議会が意見書案可決 次世代炉開発求め 毎日新聞  2021/04/23 TOP
関西電力が運転開始から40年を超えての運転を目指す美浜原発3号機、高浜原発1、2号機の再稼働を巡り、福井県議会は23日、最大会派「県会自民党」が提出した意見書案を賛成多数で可決した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 13 >  記事番号[61]〜[65] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_23_03]
自民議連が原発活用提言「カーボンニュートラル実現に不可欠 毎日新聞  2021/04/23 TOP
自民党の電力安定供給推進議員連盟は23日、今夏にも改定される国の中長期的なエネルギー政策の方向性を示す「エネルギー基本計画」の策定に向けた提言をまとめた。(後略)

 
[2021_04_23_02]
福島県が風評対策の専門部署 処理水巡り国と連携強化 共同通信  2021/04/23 TOP
東京電力福島第1原発の処理水を海洋放出する政府の決定を受け、福島県は23日、風評対策と原発事故の風化防止を担う専門部署「風評・風化戦略室」を新設すると発表した。(後略)

 
[2021_04_23_01]
東京電力が柏崎刈羽原発をめぐる一連の問題について説明 市長村長から厳しい声が相次ぐ TENYテレビ新潟  2021/04/23 TOP
新潟県内の市町村長が出席して4月23日に開かれた懇談会で、柏崎刈羽原発での一連の問題について東京電力新潟本社の橘田昌哉代表が直接説明した。(後略)

 
[2021_04_22_10]
原発の審査基準、改正決定 規制委、未知の震源評価を追加 東京新聞  2021/04/22 TOP
原子力規制委員会は21日の定例会合で、原子力施設の地震対策に関する新規制基準の改正を正式決定した。(後略)

 
[2021_04_22_09]
東京電力 小林喜光氏を会長招へいで政府と最終調整 NHK  2021/04/22 TOP
柏崎刈羽原発などで不祥事が相次ぐ東京電力を立て直すため、政府と東京電力は前の経済同友会代表幹事の小林喜光氏を会長に招へいすることで最終調整を進めていることがわかりました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 14 >  記事番号[66]〜[70] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_22_08]
40年超原発「安全性改善」 福井県専門委、知事に報告 東京新聞  2021/04/22 TOP
福井県にある運転開始から40年を超えた関西電力の原発3基の再稼働を巡り、県原子力安全専門委員会の鞍谷文保委員長は22日、県庁で「ハード、ソフト両面から安全性の改善が図られた」とする報告書を杉本達治知事に提出(後略)

 
[2021_04_22_07]
空自のF2戦闘機同士が上空で接触 負傷者なし 山口・花尾山 毎日新聞  2021/04/22 TOP
22日午後3時5分過ぎ、山口県北部の上空で、航空自衛隊築城(ついき)基地(福岡県築上町など)に所属するF2戦闘機2機が接触し、うち1機の部品2点が落下した。(後略)

 
[2021_04_22_06]
電事連「再エネ導入や原発活用などに取り組む」 政府の新排出量削減目標で 産経新聞  2021/04/22 TOP
電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は22日、(中略)安全を大前提とした原子力発電の最大限の活用、火力発電の一層の効率化や技術開発などにしっかりと取り組んでいきたい」(後略)

 
[2021_04_22_05]
「46%削減」、再エネ普及が課題 温室ガス、達成見通せず 政府目標 時事通信  2021/04/22 TOP
菅義偉首相は22日夜の気候変動サミット(首脳会議)で、2030年度の温室効果ガス削減目標について、現行の13年度比26%から同46%に引き上げる新目標を打ち出した。(後略)

 
[2021_04_22_04]
原発再稼働・新増設を主張 温室ガス削減新目標で 経済界 時事通信  2021/04/22 TOP
政府が2030年度の温室効果ガス削減目標を46%減に引き上げたことについて、経団連の中西宏明会長は22日、「国際社会を主導する確固たる決意を表明したもの」と評価(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 15 >  記事番号[71]〜[75] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_22_03]
原発処理水の海洋放出 東京電力が宮城県議会に説明 KHB東日本  2021/04/22 TOP
福島第一原発から出た処理水の海洋放出について、東京電力の担当者が22日、宮城県議会で今後の対応を説明しました。(後略)

 
[2021_04_22_02]
処理水の海洋放出、菅首相の決定は「軽率」と大学教授語る 女性自身  2021/04/22 TOP
「はらわたが煮えくり返りますよ。この10年、息子3人と福島で必死に漁業をやってきました。4月からやっと本格操業できるようになった矢先に海洋放出なんて……。(後略)

 
[2021_04_22_01]
もっと引き上げて!62%減必要! 政府が温室効果ガス「30年46%減」の新目標表明 東京新聞  2021/04/22 TOP
「目標は不十分、もっと引き上げて」ー。政府が22日に示した温室効果ガスの排出削減の新たな目標について、東京・霞が関の経済産業省前に集まった若者たちはさらなる上積みを求めた。(後略)

 
[2021_04_21_08]
県の新たな浸水予測 「原発敷地より低い」 東北電力支店長 東奥日報  2021/04/21 TOP
 東北電力の岩渕伸一・執行役員青森支店長は20日、青森市のアップルパレス青森で開いた定例会見で、県が3月に公表した新たな津波浸水予測について、東通原発(東通村)周辺の浸水予測は敷地高さの海抜13メートルを下回っていると説明した。

 
[2021_04_21_07]
処理水放出 東電社長、風評対策「丁寧に説明」 茨城知事と面会 茨城新聞  2021/04/21 TOP
東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出決定を受けて、東電の小早川智明社長が20日、茨城県庁を訪れ、大井川和彦知事に対応方針について説明し、風評の防止に向け「当社が主体的に取り組む」と決意を述べた。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 16 >  記事番号[76]〜[80] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_21_06]
海洋プラスチック汚染と地球温暖化の関係性 平宮康広(信州大学工学部元講師) たんぽぽ  2021/04/21 TOP
◎太陽光の熱量は地熱の約2500倍であるが、太陽光の大部分が反射するため、地表に届く太陽光熱はわずかである。(後略)

 
[2021_04_21_05]
40年超の原発3基再稼働 県議会最大会派事実上容認の考え 福井 NHK  2021/04/21 TOP
(前略)福井県議会の最大会派は、再稼働を事実上、容認する考えを明らかにし、福井県の杉本知事は近く運転を認めるかどうか県としての最終的な判断を示すものとみられます。(後略)

 
[2021_04_21_04]
福島第一原発の処理水海洋放出 宮城県議らが県に対し国や東京電力に強い意見を求める KHB東日本放送  2021/04/21 TOP
福島第一原発の処理水をめぐり、宮城県議会では21日、県議らが県に対して国や東京電力にもっと強く意見するべきだと求めました。(後略)

 
[2021_04_21_03]
宮城県の漁業関係者 根強い反対の声 福島第一原発の処理水海洋放出 KHB東日本  2021/04/21 TOP
海洋放出について、宮城県内の漁業関係者には根強い反対の声があり、納得とは程遠い状況です。(後略)

 
[2021_04_21_02]
福井県議会、再稼働容認へ 40年超の原発3基 時事通信  2021/04/21 TOP
運転開始から40年を超える美浜原発3号機(福井県美浜町)と高浜原発1、2号機(同県高浜町)について、県議会の最大会派「県会自民党」は21日の全員協議会で、再稼働可否の判断を杉本達治知事に一任する意向を示した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 17 >  記事番号[81]〜[85] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_21_01]
「福島汚染水懸念」…漁民が海上デモ、日本産水産物の検査強化=韓国 中央日報日本版  2021/04/21 TOP
日本政府による福島放射能汚染水の海洋放出決定に反発し漁民が海上デモに乗り出し、自治体は日本産水産物の放射能検査を強化する。(後略)

 
[2021_04_20_05]
宮城知事「安全と安心は別もの」 東電社長に要請書―原発処理水放出 時事通信  2021/04/20 TOP
宮城県の村井嘉浩知事は20日午後、同県庁で東京電力ホールディングスの小早川智明社長と面会し、東電福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出について説明を受けた。(後略)

 
[2021_04_20_04]
海洋放出の方針に抗議の声 宮城県庁前で「反対」 仙台放送  2021/04/20 TOP
福島第一原発の処理水の海洋放出の方針が決まったことを受け、4月20日朝、宮城県庁前では抗議活動が行われました。(後略)

 
[2021_04_20_03]
汚染水は1日140トンずつ増加…放出しても手に負えない ハンギョレ新聞  2021/04/20 TOP
放出量より日々生じる汚染水の方が多く…貯水タンク増設は避けられず「敷地不足」で放出決定した日本政府は説得力に欠ける(後略)

 
[2021_04_20_02]
玄海原発の事故 九州電力、原因公表 1月、協力会社社員負傷 佐賀新聞  2021/04/20 TOP
九州電力は19日、今年1月に玄海原発(東松浦郡玄海町)構内で協力会社社員が負傷した事故について、原因と再発防止策を同社のホームページで公表した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 18 >  記事番号[86]〜[90] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_20_01]
福島沖で「また」“放射能基準値"越えた魚…セシウムが基準値の「2.7倍」 WOW!KOREA  2021/04/20 TOP
福島沖で獲れた魚から、「また」基準値を越えた放射能物質が検出された。今日(20日)朝日新聞によると、去る1日 福島県南相馬市鹿島区沖の水深37メートルの水域で獲れたクロソイから、1キログラムあたり270ベクレル(Bq)のセシウムが検出(後略)

 
[2021_04_19_10]
何度も聞いた「一から出直す」 東電に原発を管理する資格なし 毎日新聞  2021/04/19 TOP
東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)でテロなどを防ぐためのセキュリティー対策に不備があった。東電のガナバンス(企業統治)は十分機能していない。(後略)

 
[2021_04_19_09]
東北電力が東通原発完工3年延期 東奥日報  2021/04/19 TOP
東北電力が東通原発1号機(青森県東通村、出力110万キロワット)の審査合格後に行う安全対策工事の完了時期を、2021年度から3年延期し24年度とする方向で最終調整していることが18日、複数の関係者への取材で分かった。(後略)

 
[2021_04_19_08]
福島原発汚染水の浄化設備3基のうち2基が最終許可なしに欠陥を抱え稼動 ハンギョレ新聞  2021/04/19 TOP
「使用前検査」の合格手続きを省略浄化した水の7割から放射性物質検出(後略)

 
[2021_04_19_07]
「地球温暖化を主張する人々の勘違い」 海洋プラスチック汚染を軽視できない 平宮康広 たんぽぽ  2021/04/19 TOP
◎原発も、永久停止して石材で石棺化すれば、1000年以上保管できる。石棺化した後、その原発の稼働で使用した使用済み核燃料を約300年、その原発の敷地内で保管すべきである。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 19 >  記事番号[91]〜[95] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_19_06]
鹿児島県 南大隅町長選挙 石畑氏が初当選 「核のごみ」最終処分場誘致に反対 KKB鹿児島放送  2021/04/19 TOP
任期満了に伴う鹿児島県南大隅町長選挙は18日に投開票が行われ「核のごみ」の最終処分場誘致に反対を表明していた無所属・新人の石畑博(65)さんが初当選を果たしました。(後略)

 
[2021_04_19_05]
東電、海洋放出の詳細工程提示へ 5月にも原子力規制委に 東奥日報  2021/04/19 TOP
東京電力は19日、政府が海洋放出を決定した福島第1原発の処理水について、放出開始までの詳細な工程を来月にも原子力規制委員会に提示する考えを示した。(後略)

 
[2021_04_19_04]
40年超原発避難計画に懸念 同意判断巡り福井県議会 東奥日報  2021/04/19 TOP
運転開始から40年を超えた関西電力の原発3基を巡り、再稼働の是非を検討している福井県議会は19日、全員協議会を開き、資源エネルギー庁や関電から安全対策などの説明を受けた。(後略)

 
[2021_04_19_03]
水俣病患者9団体、処理水放出に反対 「同じ過ち繰り返す」声明 毎日新聞  2021/04/19 TOP
東京電力福島第1原発の処理水を海に流す政府方針に対し、熊本、新潟両県の水俣病9団体などでつくる「水俣病被害者・支援者連絡会」は19日、反対声明を発表した。(後略)

 
[2021_04_19_02]
福島県沖の海域 国がクロソイの出荷制限を指示 NHK  2021/04/19 TOP
今月初め、福島県沖で採取されたクロソイという魚から国の基準を超える放射性物質が検出され、国は出荷制限を指示しました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 20 >  記事番号[96]〜[100] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_19_01]
漁業者の反対鮮明 東電・賠償姿勢冷ややか【緊急特集:原発処理水海洋放出】 農業協同組合新聞  2021/04/19 TOP
政府は4月13日の関係閣僚会議で、東京電力福島第一原子力発電所の汚染処理水を、放射性物質の濃度を下げ福島沖で海洋に放出する方針を決めた。(後略)

 
[2021_04_18_07]
岩手、宮城で震度4 M5・8、原発異常なし 東京新聞  2021/04/18 TOP
18日午前9時29分ごろ、岩手県と宮城県で震度4の地震があった。気象庁によると、震源地は宮城県沖で、震源の深さは約50キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5・8と推定される。(後略)

 
[2021_04_18_06]
処理水放出、風評被害に追い打ち 福島評議会で地元自治体など訴え 共同通信  2021/04/18 TOP
東京電力福島第1原発の廃炉・汚染水・処理水対策福島評議会が18日、福島県いわき市で開かれ、政府や東電が、処理水の海洋放出に関する方針を改めて説明した。(後略)

 
[2021_04_18_05]
処理水の海洋処分【地元関係者を対象にした会議】政府の決定を批判する意見相次ぐ 福島テレビ  2021/04/18 TOP
政府は先週、福島第一原発で溜まり続けるトリチウムを含んだ「処理水」について薄めて海に流す処分方法を正式に取りまとめた。(後略)

 
[2021_04_18_04]
処理水放出、風評被害に追い打ち 福島評議会で地元自治体など訴え 共同通信  2021/04/18 TOP
東京電力福島第1原発の廃炉・汚染水・処理水対策福島評議会が18日、福島県いわき市で開かれ、政府や東電が、処理水の海洋放出に関する方針を改めて説明した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 21 >  記事番号[101]〜[105] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_18_03]
「災害の多い日本、原発を造ってはいけない」 小泉元首相が講演 河北新報  2021/04/18 TOP
小泉純一郎元首相は17日、福島県二本松市の県男女共生センターで講演し、「原発ゼロで電力を賄えることが証明されている。自然エネルギーを利用して発展していくべきだ」と従来の主張を披露した。(後略)

 
[2021_04_18_02]
【官製風評 処理水海洋放出】賠償前提を疑問視 和解案拒否傾向 識者、東電の対応懸念 福島民報  2021/04/18 TOP
政府は東京電力福島第一原発で増え続ける放射性物質トリチウムを含む処理水の処分に関する基本方針で、海洋放出によって新たな風評被害が生じた場合、東電に賠償させる方針を示した。(後略)

 
[2021_04_18_01]
【独自】熊本地震、断層ずれ拡大…3回のずれは「非常に珍しい」 読売新聞  2021/04/18 TOP
2016年の熊本地震で地表に現れた断層の一部が、地震後もゆっくりとずれ動いていることが、東北大などの調査で分かった。「余効(よこう)滑り」と呼ばれる現象(後略)

 
[2021_04_17_07]
自治体の原発協定2倍超に 福島事故後、重点地域拡大 東京新聞  2021/04/17 TOP
原発を巡り電力会社と「安全協定」や「覚書」などを結ぶ自治体が、東京電力福島第1原発事故前に比べ大幅に増えていることが17日、電力各社や自治体への取材で分かった。(後略)

 
[2021_04_17_06]
小泉氏「風評抑制へ全力尽くす」 処理水放出で 共同通信  2021/04/17 TOP
東京電力福島第1原発の処理水を海洋放出する政府決定を受け、小泉進次郎環境相は17日、福島県庁で内堀雅雄知事と面会し、海洋で放射性物質トリチウムなどのモニタリング体制を強化する方針を伝えた。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 22 >  記事番号[106]〜[110] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_17_05]
汚染水を海に捨ててはならないこれだけの理由/大島堅一氏(龍谷大学政策学部教授) ビデオニュース・ドットコム  2021/04/17 TOP
三重水素とも呼ばれるトリチウム水の分子構造は水とほとんど変わらないため、人体にそれほど重大な影響は及ぼさないと政府はいう。しかし、分子生物学者はむしろそれは逆だという。(後略)

 
[2021_04_17_04]
東京電力「体制立て直し」 処理水対応方針、安全立証へ魚飼育 福島民友  2021/04/17 TOP
東京電力が16日に公表した福島第1原発の処理水に関する対応方針には、相次ぐ不祥事を受けた信頼回復のほか、風評被害の最大限の抑制などが盛り込まれた。(後略)

 
[2021_04_17_03]
自民・細野元環境相「『汚染水』では風評被害を拡大しかねない」 夕刊フジ  2021/04/17 TOP
日本政府が、東京電力福島第1原発の放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出を正式決定したことを受けて、中国や韓国、一部野党が反発している。「汚染水」と批判する声もある。(後略)

 
[2021_04_17_02]
原発処理水問題で懸念伝達 韓国外相、ケリー米特使に 時事通信  2021/04/17 TOP
韓国の鄭義溶外相は17日夜、同日訪韓した気候変動問題を担当するケリー米大統領特使と会談し、日本政府が東京電力福島第1原発の処理水を海洋放出する方針を決めたことへの「深刻な懸念」を伝えた。(後略)

 
[2021_04_17_01]
【汚染水放出に対する声明】2021年4月17日_山本太郎 BLOGOS  2021/04/17 TOP
政府は4月13日に福島第一原子力発電所における汚染水処理の海洋放出方針を決定した。しかし、政府や東電は2015年に、福島県漁連に「関係者の理解なしに海洋放出などの処分はしない」と約束をしている。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 23 >  記事番号[111]〜[115] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_16_14]
海に流したトリチウム、福島第一原発「処理水」の5倍以上 茨城・東海再処理施設 東京新聞  2021/04/16 TOP
東京電力福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)で生じた汚染水を浄化処理した水の海洋放出が正式に決まった。後略)

 
[2021_04_16_13]
原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞 ニューズウィーク  2021/04/16 TOP
<「希釈すれば平気」とか「海外でもやっている」という嘘もさることながら、既成事実をつくって反対や疑念の声を押しつぶすやり口をはこれ以上許してはならない>4(後略)

 
[2021_04_16_12]
“特高"体質の菅政権の核汚染水海洋放出「決断」 浅野健一) たんぽぽ  2021/04/16 TOP
◎菅義偉政権は4月13日午前に開いた東京電力福島第一原発のトリチウム汚染水についての関係閣僚会議で、1.汚染水は多核種除去設備(ALPS〈アルプス〉)で再び処理し、海水で薄める(後略)

 
[2021_04_16_11]
処理水処分「実行会議」が始動 海洋放出の行動計画策定へ 東京新聞  2021/04/16 TOP
政府は16日、東京電力福島第1原発の処理水処分に関する基本方針の着実な実行に向けた関係閣僚会議(実行会議)の初会合を首相官邸で開いた。(後略)

 
[2021_04_16_10]
原発テロ対策、電力各社で共有へ…相互チェックで防護力強化 読売新聞  2021/04/16 TOP
電気事業連合会(会長=池辺和弘・九州電力社長)は、原子力施設のテロ対策(核物質防護)を強化するため、各施設の具体的な対策の情報を電力各社の担当者間で共有する取り組みを、来週から始める。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 24 >  記事番号[116]〜[120] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_16_09]
復興相、トリチウムキャラで釈明 不安や懸念「本意ではない」 共同通信  2021/04/16 TOP
平沢勝栄復興相は16日の記者会見で、復興庁が東京電力福島第1原発処理水に含まれる放射性物質トリチウムをキャラクター化してウェブサイトで公開し、批判が相次いだ問題(後略)

 
[2021_04_16_08]
汚染水海洋放出 何が問題か 高橋千鶴子衆院議員に聞く 赤旗  2021/04/16 TOP
政府が漁業関係者をはじめ地元の強い反対の声を無視して、東京電力福島第1原発で増え続ける放射能汚染水を処理した後の高濃度のトリチウム(3重水素)を含む汚染水の海洋放出方針を決定しました。(後略)

 
[2021_04_16_07]
長期評価「尊重されるべき」 元気象庁幹部が証言―東電株主訴訟・東京地裁 時事通信  2021/04/16 TOP
東京電力福島第1原発事故で、勝俣恒久元会長ら旧経営陣5人が津波対策を怠ったとして、東電へ22兆円を支払うよう求めた株主代表訴訟の口頭弁論が16日、東京地裁(朝倉佳秀裁判長)であった。(後略)

 
[2021_04_16_06]
コロナ対策実施で避難所不足、高浜原発の再稼働反対求め市民団体が要請書 京都新聞  2021/04/16 TOP
関西電力高浜原子力発電所1、2号機について、市民団体「避難計画を案ずる関西連絡会」は16日、新型コロナウイルス対策を実施した場合、避難所が足りないとして、京都府舞鶴市に再稼働反対を表明するよう求める要請書を提出した。(後略)

 
[2021_04_16_05]
再浄化後、第三者が測定 処理水の放出計画 東電 時事通信  2021/04/16 TOP
東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含んだ処理水の海洋放出で、東京電力は16日、処分計画の概要を公表した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 25 >  記事番号[121]〜[125] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_16_04]
梶山経産相、温室効果ガス削減「野心的な数値」 原発は「新設、建て替え想定せず」 産経新聞  2021/04/16 TOP
梶山弘志経済産業相は16日、産経新聞の単独インタビューに応じ、22〜23日に開かれる気候変動サミットまでに決定するとみられる日本の2030(令和12)年度の温室効果ガス排出量の国別削減目標(NDC)について「野心的な数値が出てくる」(後略)

 
[2021_04_16_03]
“汚染水"処理で頼みの綱ALPSは8年間「試験運転」のまま! 仰天の運用実態 ゲンダイ  2021/04/16 TOP
「県民が積み重ねてきた風評払拭の努力を後退させることのないよう国が前面に立ち、万全な対策を講じて欲しい」福島第1原発の海洋放出を巡り、福島県の内堀知事は15日、梶山経産相にそう訴えた。(後略)

 
[2021_04_16_02]
福島第一原発の処理水(汚染水)の海洋放出には反対です! 山本拓  2021/04/16 TOP
2020年2月10日に発表された『多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会報告書』(ALPS小委員会報告書)には、以下のように記載されています。(後略)

 
[2021_04_16_01]
国連、処理水放出に「深い憂慮」 福島原発で特別報告者 共同通信  2021/04/16 TOP
国連のボイド特別報告者(人権と環境担当)らは15日、日本政府による東京電力福島第1原発処理水の海洋放出決定に「深い憂慮」を表明した。(後略)

 
[2021_04_15_11]
原発処理水で賠償の特別チーム 経産相、福島知事に伝達 共同通信  2021/04/15 TOP
東京電力福島第1原発処理水の海洋放出決定を受け、福島県の内堀雅雄知事は15日、経済産業省を訪れ梶山弘志経産相と会談、万全な風評被害対策を求める申し入れ書を手渡した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 26 >  記事番号[126]〜[130] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_15_10]
福島県知事が経産相と面会 処理水の海洋放出で5項目要望 毎日新聞  2021/04/15 TOP
約2年後の海洋放出が決まった東京電力福島第1原発の処理水に関し、福島県の内堀雅雄知事は15日、東京・霞が関の経済産業省を訪れ、梶山弘志経済産業相と会談した。(後略)

 
[2021_04_15_09]
福島原発汚染水放流に釜山日本領事館前でデモ=韓国 WOW!KOREA  2021/04/15 TOP
「容認できない」韓国プサン(釜山)各界の団体が、日本政府の福島第一原発放射能汚染水放流決定に、連日、日本領事館に駆けつけ、怒りをあらわにしている。(後略)

 
[2021_04_15_08]
処理水海洋放出、決定過程に不満の声 自民議員「あまりに拙速」 福島民報  2021/04/15 TOP
東京電力福島第一原発で発生する放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出方針決定から一夜明けた十四日、政府は二年後をめどとする実施に向け、与党への説明や国際機関への報告などを進めた。(後略)

 
[2021_04_15_07]
核ごみ巡り住民らと初の「対話」 意見噴出、議論できず 北海道 毎日新聞  2021/04/15 TOP
原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定の手続きを巡り、第1段階の「文献調査」が進む北海道寿都町で14日、住民らと意見交換をする「対話の場」が初めて開かれた。(後略)

 
[2021_04_15_06]
汚染水「放出ありき」の非道。政府と東電の“密約"が炙り出す大嘘 MAG2_NEWS  2021/04/15 TOP
あの忌まわしき福島第一原発事故から10年、ついに処理水の海洋放出を決めた菅政権。首相は「政府を挙げて風評対策を徹底する」としていますが、そもそも処理水の安全性は完全に担保されるのでしょうか。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 27 >  記事番号[131]〜[135] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_15_05]
復興庁、電通に3年で10億円 原発事故の風評払拭事業 毎日新聞  2021/04/15 TOP
東京電力福島第1原発事故からの復興を目的とした風評払拭(ふっしょく)のため、復興庁は2018〜20年度に復興予算から計10億1600万円を投じて、電通に「放射線等に関する情報発信事業」を発注していた。(後略)

 
[2021_04_15_04]
処理水タンク、規制委員長「置き換え必要」 放出長期化見込みで 毎日新聞  2021/04/15 TOP
(前略)原子力規制委員会の更田(ふけた)豊志委員長は14日、「(放射性物質の濃度を下げた後の海洋放出が)長期間にわたるなら当然、タンクの置き換えは考えないといけない」と述べた。(後略)

 
[2021_04_15_03]
寿都町で初の「対話の場」 反発相次ぎ対話は深まらず終了 NHK  2021/04/15 TOP
(前略)文献調査が始まっている後志の寿都町で、14日夜、初めての「対話の場」が開かれました。しかし、運営の方法に反発が相次ぎ、対話は深まらないまま終わりました。(後略)

 
[2021_04_15_02]
トリチウム“キャラクター動画"修正へ ネットで批判相次ぐ NHK  2021/04/15 TOP
(前略)復興庁は安全性などを分かりやすく発信するため、トリチウムをキャラクターのように描いた動画などを公開しましたが、「ゆるキャラでごまかさないでほしい」などといった意見が寄せられたため、デザインを修正すると発表しました。(後略)

 
[2021_04_15_01]
使用済み核燃料の1000年保管は可能である 平宮康広 たんぽぽ  2021/04/15 TOP
◎日本とイギリス、フランス以外の国々、たとえばアメリカやドイツに使用済み核燃料再処理工場はない。アメリカやドイツは、再処理=再加工を施すことなく使用済み核燃料を地層処分=直接処分するつもりでいる。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 28 >  記事番号[136]〜[140] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_14_26]
柏崎刈羽原発、テロ対策不備で「運転禁止」命令 東電、早期再稼働不可能に 東京新聞  2021/04/14 TOP
原子力規制委員会は14日、東京電力に柏崎刈羽原発(新潟県)の運転を事実上禁じる命令を出した。(後略)

 
[2021_04_14_25]
処理水「飲んでみて」と中国 麻生氏発言踏まえ放出非難 共同通信  2021/04/14 TOP
中国外務省の趙立堅副報道局長は14日の定例記者会見で、東京電力福島第1原発の処理水について「飲めるというなら飲んでみてほしい」と述べた。麻生太郎財務相の「飲んでも何てことはないそうだ」との発言を踏まえ(後略)

 
[2021_04_14_24]
東電と政府が答えるべき3つの疑問 福島第一原発の汚染水問題 東京新聞  2021/04/14 TOP
東京電力福島第一原発の事故収束作業の大部分を占めてきた汚染水問題は、13日の政府方針決定で浄化処理した水の海洋放出へ踏み切ることになった。(後略)

 
[2021_04_14_23]
福島第一原発の汚染水海洋投棄に反対する 貯蔵継続が地元の願い たんぽぽ舎声明 たんぽぽ  2021/04/14 TOP
政府は福島第一原発の汚染水(ALPS・多核種除去設備処理水)について「廃炉・汚染水・処理水対策関係閣僚等会議」を開催し、海洋放出による処分を決定した。(後略)

 
[2021_04_14_22]
「原子力事業の存続に危機感」 柏崎刈羽原発問題で東電社長 福島民友  2021/04/14 TOP
東京電力の小早川智明社長は14日、新潟県議会に参考人として出席し、東電柏崎刈羽原発(同県)の核物質防護不備など一連の問題をめぐり「大変重く受け止めている。原子力事業を存続できるか大きな危機感を持っている」と言及(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 29 >  記事番号[141]〜[145] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_14_21]
東電への是正措置命令「大変遺憾で深刻」 官房長官 日経新聞  2021/04/14 TOP
加藤勝信官房長官は14日の記者会見で、(中略)テロ対策の不備を理由に是正措置命令を出したことを巡り「大変遺憾で深刻に受け止めている」と述べた。(後略)

 
[2021_04_14_20]
新潟知事「東電の適格性、国が再評価を」 柏崎刈羽原発巡り 産経BIZ  2021/04/14 TOP
(前略)花角英世知事が14日、コメントを発表した。「当座の処分とうかがっている」とした上で「原子炉の運転を適格に遂行するに足りる技術的能力の有無について改めて(東電を)評価していただきたい」と規制委に注文を付けた。(後略)

 
[2021_04_14_19]
規制庁長官らを厳重注意 柏崎原発の不正入室で報告遅れ 時事通信  2021/04/14 TOP
(前略)柏崎刈羽原発の所員が同僚のIDカードを不正に利用して中央制御室に入室した問題で、更田豊志委員長らへの報告が遅れたとして、規制委事務局トップの荻野徹原子力規制庁長官ら幹部3人を内規に基づき厳重注意処分とした。(後略)

 
[2021_04_14_18]
柏崎刈羽原発に運転禁止命令 核防護不備で再稼働不可、規制委 東奥日報  2021/04/14 TOP
原子力規制委員会は14日、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の核物質防護不備を受け、同原発での核燃料の移動を禁じる事実上の運転禁止命令を出した。(後略)

 
[2021_04_14_17]
国際海洋法裁への提訴検討 原発処理水で「大きな懸念」―韓国大統領 時事通信  2021/04/14 TOP
韓国の文在寅大統領は14日、日本政府が原発処理水の海洋放出方針を決定したことを受け、放出差し止めに向けた暫定措置も含め、国際海洋法裁判所(ドイツ・ハンブルク)への提訴を検討するよう指示した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 30 >  記事番号[146]〜[150] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_14_16]
「トリチウム」ゆるキャラが物議 JCAST  2021/04/14 TOP
復興庁が公開した、放射性物質トリチウムを模したキャラクターをめぐり、SNS上で物議をかもしている。(後略)

 
[2021_04_14_15]
経産相 IAEA事務局長と会談 国際的な懸念払拭へ協力要請 NHK  2021/04/14 TOP
(前略)処理水を国の基準を下回る濃度に薄めて海に放出する方針を決めたことについて、梶山経済産業大臣はIAEA・国際原子力機関のグロッシ事務局長と会談し、国際的な懸念の払拭に向けた協力を要請しました。(後略)

 
[2021_04_14_14]
ロシア外務省、処理水海洋放出に「日本の情報は不十分」と懸念表明 TBS  2021/04/14 TOP
福島第一原発で増え続ける放射性物質を含む処理水の海洋放出について、ロシア外務省は「この問題に関する日本の公式情報は不十分だ」と懸念を示しました。(後略)

 
[2021_04_14_13]
日本は30年50%削減目標を 新潟日報  2021/04/14 TOP
日本政府が検討している2030年の温室効果ガスの排出削減目標に関し、米国や英国が現行の26%減から50%減に引き上げるよう、働き掛けを強めていることが14日分かった。(後略)

 
[2021_04_14_12]
原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘 ゲンダイ  2021/04/14 TOP
(前略)海洋放出する汚染水について、麻生財務相は「飲んでもなんてことはないそうだ」などと安心安全を強調しているが、放射性物質に汚染された水を捨てて本当に大丈夫なのか。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 31 >  記事番号[151]〜[155] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_14_11]
原発処理水の海洋放出、衆院選争点化へ 「もろに影響」与党動揺 時事通信  2021/04/14 TOP
(前略)処理水をタンクにため続ける対応に限界が迫る中、政府は「先送りできない課題」と理解を求めるが、野党は「県民無視」(立憲民主党の枝野幸男代表)などと一斉に批判。(後略)

 
[2021_04_14_10]
社説[原発処理水海洋へ]放出強行は許されない 沖縄タイムス  2021/04/14 TOP
(前略)海洋放出を政府が決めた。国の基準以下の濃度に薄めるため科学的には安全と説明するが、30年とも40年とも言われる長い間、海洋へ流し続けることに環境への懸念は消えない。(後略)

 
[2021_04_14_09]
汚染水、浄化しても発ガン物質…日本が情報公開せずシミュレーション不可 ハンギョレ新聞  2021/04/14 TOP
日本は浄化処理された「処理水」だと主張ストロンチウム90は排出基準の110倍超薄めて放出してもトリチウムの総量は変わらず既存の研究事例によれば韓国への流入は確実放出濃度、時期などの具体情報は霧の中(後略)

 
[2021_04_14_08]
米国、日本の汚染水海洋放出決定を支持…国際基準の“抜け道"が浮き彫りに ハンギョレ新聞  2021/04/14 TOP
ネッド・プライス国務省報道官声明(中略)米国政府が福島第一原発の放射性物質汚染水を海に放出するという日本政府の決定に対し、「国際安全基準に合致する」として、支持の意思を明らかにした。(後略)

 
[2021_04_14_07]
20年度の原発の発電量、4割減 トラブル相次ぎ停止で 関電 毎日新聞  2021/04/14 TOP
関西電力は12日、2020年度の原発による発電電力量が、19年度の57・6%の約161億2000キロワット時だったと発表した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 32 >  記事番号[156]〜[160] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_14_06]
社説:処理水の放出 対話する姿勢ないまま 京都新聞  2021/04/14 TOP
政府はきのう、東京電力福島第1原発でたまる大量の処理水を、海洋に放出する方針を決めた。極めて重要な課題であるのに、地元漁業者はもとより、広く国民の理解を得ないままだ。(後略)

 
[2021_04_14_05]
大阪湾への処理水放出検討発言 市民団体が府に撤回申し入れ 毎日新聞  2021/04/14 TOP
政府が海洋放出を決めた東京電力福島第1原発の汚染処理水について、大阪府の吉村洋文知事は13日、記者団に「政府の要請があれば大阪湾での放出も検討したい」と述べた。(後略)

 
[2021_04_14_04]
相次ぐトラブルで新潟県議会が東電社長参考人招致 UX新潟テレビ  2021/04/14 TOP
柏崎刈羽原発の核セキュリティなどにトラブルが相次いだことをうけて、新潟県議会が東京電力の小早川智明社長ら幹部を参考人として招き、一連の問題を追及しました。(後略)

 
[2021_04_14_03]
処理水海洋放出、与党に異論 「拙速」「事前説明なし」 時事通信  2021/04/14 TOP
自民党は14日、東日本大震災復興加速化本部(本部長・額賀福志郎元財務相)の会合を党本部で開き、東京電力福島第1原発の処理水を海洋放出する政府の決定を受けて対応を協議した。(後略)

 
[2021_04_14_02]
柏崎刈羽原発に運転禁止命令 核防護不備で再稼働不可、規制委 共同通信  2021/04/14 TOP
原子力規制委員会は14日、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の核物質防護不備を受け、同原発での核燃料の移動を禁じる事実上の運転禁止命令を出した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 33 >  記事番号[161]〜[165] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_14_01]
原発処理水放出、反故にされた「漁師との約束」 東洋経済  2021/04/14 TOP
政府は4月13日、東京電力ホールディングス・福島第一原子力発電所の敷地内に貯まり続けている放射性物質トリチウムを含んだ水(ALPS処理水)を海洋に放出する方針を決めた。(後略)

 
[2021_04_13_13]
原発処理水の海洋放出を正式決定 2年後、大幅希釈し着手 共同通信  2021/04/13 TOP
東京電力福島第1原発で増え続ける処理水の処分に関し、政府は13日、関係閣僚会議を首相官邸で開き、海洋放出の方針を正式決定した。2年後を目途に第1原発敷地内から放出に着手。(後略)

 
[2021_04_13_12]
全漁連会長「容認できない、強く抗議」 処理水海洋放出決定 毎日新聞  2021/04/13 TOP
(前略)岸宏会長は13日、「7日に反対を申し入れ、慎重な判断を求めたにもかかわらず決定されたことは極めて遺憾であり、到底容認できるものではない。強く抗議する」との声明を発表した。(後略)

 
[2021_04_13_11]
「努力無駄に」憤る福島の漁業者 「決定は最悪のタイミング」 共同通信  2021/04/13 TOP
政府が東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を正式決定した13日、福島県の漁業関係者からは「原発事故の風評に悩まされた10年間の努力が無駄になる」などと憤りの声が上がった。(後略)

 
[2021_04_13_10]
ALPS処理水の海洋放出決定について_立憲民主党代表_枝野幸男 立憲民主党  2021/04/13 TOP
政府は、東京電力福島第一原子力発電所の敷地内に貯まり続けるトリチウムなどを含むALPS処理水の海洋放出を4月13日に決定した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 34 >  記事番号[166]〜[170] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_13_09]
福島第1原発の処理水は長期保管を 山本拓・自民党 毎日新聞  2021/04/13 TOP
東京電力福島第1原発のタンクに保管されている処理水の海洋放出には反対だ。東電は2019年8月に政府に提出した資料で、「22年夏ごろに貯留水タンクがいっぱいになる」と主張している。(後略)

 
[2021_04_13_08]
漁業者「国も東電も信用できない」 6年前の約束はどこへ 海洋放出 東京新聞  2021/04/13 TOP
東京電力福島第一原発で発生が続く汚染水を浄化処理した後の水を福島沖へ海洋放出処分するという政府方針の正式決定に対し、福島県の漁業者から憤りの声が上がった。(後略)

 
[2021_04_13_07]
ALPS処理水の定義を変更しました 経産省  2021/04/13 TOP
(前略)「ALPS処理水」の定義を変更します。今後は、「トリチウム以外の核種について、環境放出の際の規制基準を満たす水」のみを「ALPS処理水」と呼称することとします。(後略)

 
[2021_04_13_06]
声明:処理汚染水の海洋放出決定に抗議する FoE Japan  2021/04/13 TOP
(前略)海洋放出処分を決定した。昨年2月、ALPS小委員会の報告書が発表されて以来、公開の場での説明会や公聴会は一切行われなかった。モルタル固化処分や石油備蓄で使われる堅牢な大型タンクによる安定貯蔵などの代替案が提案されているのにもかかわらず(後略)

 
[2021_04_13_05]
首相官邸前抗議決議文「放射能汚染水の「海洋放出」の閣議決定に断固抗議する」 さようなら原発実行委員会  2021/04/13 TOP
菅義偉首相は、東京電力福島第一原発で生じている処理水(放射能汚染水)の処分をめぐり、本日「海洋放出」を閣議決定した。私たち「さようなら原発1000万人アクション」は、この決定に断固抗議する。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 35 >  記事番号[171]〜[175] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_13_04]
国会周辺で抗議活動が広がる 海洋放出は10年間の漁師の努力を踏みにじる ゲンダイ  2021/04/13 TOP
菅政権は13日午前、東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水こと汚染水への対応を話し合う関係閣僚会議を開き、処理水を海洋放出する方針をついに正式決定した。(後略)

 
[2021_04_13_03]
原発処理水放出で反対デモ 「子どもの将来心配」 福島 時事通信  2021/04/13 TOP
(前略)処理水を海洋放出する政府の方針に反対する市民のデモが13日、福島県庁前で行われた。数十人の参加者はプラカードを手に「これ以上海を汚さないで」などと抗議した。(後略)

 
[2021_04_13_02]
東海第二原発避難計画へ情報を 周辺6市村長、日本原電に事故推移想定求める 茨城新聞  2021/04/13 TOP
日本原子力発電(原電)東海第2原発(茨城県東海村白方)の再稼働を巡り、「実質的事前了解権」を持つ同村と周辺5市の首長でつくる原子力所在地域首長懇談会(座長・山田修東海村長)が12日、同所の東海テラパークで開かれた。(後略)

 
[2021_04_13_01]
東海第二 事前了解対象 6首長が対策工事視察  東京新聞  2021/04/13 TOP
東海村の日本原子力発電(原電)東海第二原発の三十キロ圏で再稼働の際に事前了解を取る対象の六市村の首長が十二日、再稼働に向けて進められている事故対策工事の現場を視察した。(後略)

 
[2021_04_12_06]
日本の汚染水海洋放出迫る…24カ国の市民団体が反発 中央日報  2021/04/12 TOP
日本の菅義偉首相は12日、福島第1原子力発電所の汚染水(日本政府は処理水と呼称)の処理と関連し「いつまでも先送りできない課題だ」と明らかにした。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 36 >  記事番号[176]〜[180] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_12_05]
原発建て替えへ新議連 自民有志 産経新聞  2021/04/12 TOP
自民党の有志議員による「脱炭素社会実現と国力維持・向上のための最新型原子力リプレース推進議員連盟」は12日、国会内で設立総会を開いた。(後略)

 
[2021_04_12_04]
核ごみ処分場誘致が争点に浮上 13日告示の南大隅町長選 南日本新聞  2021/04/12 TOP
新人3人が立候補を予定する南大隅町長選(13日告示、18日投開票)は、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)最終処分場の誘致が争点に浮上している。(後略)

 
[2021_04_12_03]
原発処理水の海洋放出方針に抗議 首相官邸前 時事通信  2021/04/12 TOP
(前略)処理水を、海洋に放出する方針を政府が固めたことを受けて、これに反対する市民団体などが12日、都内の首相官邸前で抗議デモを行った。(後略)

 
[2021_04_12_02]
宮城県漁協「壊滅的な打撃を受ける」 海洋放出の方針に反対 仙台放送  2021/04/12 TOP
福島第一原発の処理水について、海洋放出の方針を政府が固めたことを受け、県漁協の関係者は4月12日、県議会を訪れ、「壊滅的な打撃を受ける」と訴えました。(後略)

 
[2021_04_12_01]
福島県福島市では抗議デモ(福島第一原発・処理水)海洋放出 福島テレビ  2021/04/12 TOP
JR福島駅前で行われた抗議デモには約30人が参加し、海洋放出以外の方法で処理水を処分するよう訴えた。ふくしま復興共同センター・斎藤富春代表委員:「風評被害を助長するような、そういう判断をすること自体、私は理解できない」(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 37 >  記事番号[181]〜[185] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_11_04]
ALPS処理汚染水 海洋放出問題についての緊急声明 原子力市民委員会  2021/04/11 TOP
原子力市民委員会「福島第一原発のALPS(多核種除去設備)処理汚染水 海洋放出問題についての緊急声明」を発表しました(後略)

 
[2021_04_11_03]
原子力政策を先送りした本当の「犯人」が決めないといけないこと デーリー毎日×エコノミスト  2021/04/11 TOP
(前略)東京電力・福島第一原子力発電所事故から10年経った。この間に日本では、エネルギー政策をめぐって、不思議な「まだら模様」が定着してしまった。(後略)

 
[2021_04_11_02]
「汚染水垂れ流し許さない」 政府放出方針に抗議 河北新報  2021/04/11 TOP
政府が東京電力福島第1原発で発生した処理水を海洋に放出する方針を固めたのを受け、郡山市の市民団体が10日、JR郡山駅前で抗議活動を繰り広げた。(後略)

 
[2021_04_11_01]
海洋放出方針に抗議 原発処理水、市民団体が声明 時事通信  2021/04/11 TOP
(前略)処理水を海洋放出する方針を政府が固めたことを受け、市民や学者らでつくる原子力市民委員会(座長・大島堅一龍谷大教授)は11日、「代替案を具体的に検討することなく、海洋放出を決定しようとしている」とする抗議声明を発表した。(後略)

 
[2021_04_10_06]
汚染水を流すな 「福島復興」の名の下に環境汚染 山崎久隆 たんぽぽ  2021/04/10 TOP
暴挙。表現するならば、これに尽きる。東京電力福島第一原発事故から10年を経て、国は汚染水を海洋放出することを政府決定しようとしている。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 38 >  記事番号[186]〜[190] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_10_05]
処理水処分、議論の最終盤に東電「不在」 河北新報  2021/04/10 TOP
(前略)柏崎刈羽原発(新潟県)のテロ対策不備問題などで謝罪行脚に追われ、処理水への対応は「政府一任」の様相。放出実行に向けて主体的な動きは見えず、政府方針待ちの姿勢を貫いている。(後略)

 
[2021_04_10_04]
「漁師をばかにしているのか」立民・枝野代表、原発処理水海洋放出に 産経新聞  2021/04/10 TOP
立憲民主党の枝野幸男代表は10日、(中略)海洋放出する政府の方針について、地元への説明が不十分だとして「政府は福島県民、漁師をばかにしているのかという怒りでいっぱいだ。(後略)

 
[2021_04_10_03]
海洋放出 千葉県内漁業者は反発 「風評被害怖い」「次世代への影響心配」 千葉日報オンライン  2021/04/10 TOP
(前略)処理水について、政府が海洋放出の方針を固めたことが報じられたこと受け、千葉県内の漁業者からは「風評被害が怖い」「影響が分からない」などと不安の声が噴出した。(後略)

 
[2021_04_10_02]
汚染処理水保管タンク増設を検討 政府と東電、放出遅れに備え 毎日新聞  2021/04/10 TOP
東京電力福島第1原発の汚染処理水を巡り、政府と東電は13日にも予定される海洋放出方針の決定に合わせ、処理水を保管するタンクの増設について具体的な検討に入る。(後略)

 
[2021_04_10_01]
金子勝 原発処理水海洋放出を批判「日本を滅ぼす政策しかしない」 デイリースポーツ  2021/04/10 TOP
立教大学特任教授で慶応大学名誉教授の金子勝氏が10日、ツイッターに新規投稿。菅政権が、東京電力福島第1原発で汚染水を浄化した後の処理水の処分に関し、海洋放出の方針を固めたことを批判した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 39 >  記事番号[191]〜[195] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_09_07]
巨大コンテナ船の離礁を助けた満月 島村英紀  2021/04/09 TOP
スエズ運河で座礁していた「エバーギブン」(愛媛の正栄汽船所有)は巨大なコンテナ船で、長さ400メートルもある。長さ20フィートと40フィートのコンテナ1万個あまりを積んでいた。(後略)

 
[2021_04_09_06]
政府 福島第一原発のトリチウムなど含む水 海洋放出方針固める NHK  2021/04/09 TOP
東京電力福島第一原子力発電所で増え続けるトリチウムなど放射性物質を含む水の処分方法について、政府は来週13日にも関係閣僚会議を開き、海への放出を決定する方針を固めたことがわかりました。(後略)

 
[2021_04_09_05]
北海道寿都町での地層処分に反対する理由 平宮康広 たんぽぽ  2021/04/09 TOP
◎温泉水は化石水の一種で、含有成分の大部分が塩化ナトリウムと硫化カルシウムである。塩化ナトリウムと硫化カルシウムの成分割合が、温泉水が弱アルカリ性であるか中性であるか、弱酸性であるかを決めている。(後略)

 
[2021_04_09_04]
海洋放出 日本共産党宮城県議団が県に反対するよう求める KHB東日本  2021/04/09 TOP
東京電力の福島第一原発でたまり続けている、放射性物質のトリチウムを含む処理水の処分をめぐる問題で、日本共産党宮城県議団が県に対し海への放出に反対するよう求めました。(後略)

 
[2021_04_09_03]
宮城の汚染廃、処理2割に届かず 指定廃の処分場は依然棚上げ 河北新報  2021/04/09 TOP
(前略)放射性廃棄物の処理が宮城県内で停滞している。市町村が担う汚染廃棄物の処理が終了した量は2割に満たず、国が責任を持つ指定廃棄物に至っては、最終処分場の選定が棚上げされたままだ。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 40 >  記事番号[196]〜[200] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_09_02]
カナダ核ごみ受け入れ構想「処分場未決時の備えに」 日本側関係者が証言 道新  2021/04/09 TOP
日本の原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)をカナダで最終処分する構想を巡り、計画を主導したカナダの元首相側から相談され日本の原発関係者を紹介した日本のPR会社幹部が、匿名を条件に北海道新聞の取材に応じた。(後略)

 
[2021_04_09_01]
原発処理水の海洋放出に中国「周辺国と協議を」 韓国メディアも懸念 東京新聞  2021/04/09 TOP
(前略)処理水を海に放出する方針を固めたことについて、中国外務省の趙立堅副報道局長は9日の定例記者会見で「周辺国との十分な協議の上で、慎重に処理方法を決めるべきだ」と注文をつけた。 (後略)

 
[2021_04_08_08]
非電力に5000億円投資 情報通信を強化―森本関電社長 時事通信  2021/04/08 TOP
関西電力の森本孝社長はインタビューに応じ、非電力分野に2025年度までの5年間で約5000億円を投資する方針を明らかにした。情報通信分野に力を入れ、収益の柱の一つに育てる。(後略)

 
[2021_04_08_07]
RFSの審査対応を規制庁「非常に不十分」 東奥日報  2021/04/08 TOP
青森県むつ市に立地する使用済み核燃料中間貯蔵施設の稼働へ向けた審査を巡り、原子力規制庁は7日、運営するリサイクル燃料貯蔵(RFS)の対応が「非常に不十分」と批判した。(後略)

 
[2021_04_08_06]
【処理水問題】強行は許されない(4月8日) 福島民報  2021/04/08 TOP
菅義偉首相は七日、東京電力福島第一原発で増え続ける放射性物質トリチウムを含む処理水について海洋に放出して処分する方向性を示した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 41 >  記事番号[201]〜[205] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_08_05]
大崎の汚染廃6.2トン、基準値超す 焼却対象から除く 河北新報  2021/04/08 TOP
宮城県大崎地域の1市2町が東京電力福島第1原発事故によって発生した農林業系汚染廃棄物を焼却する事業で、各市町が事前に再測定したうち、少なくとも6・2トンから国の基準(1キログラム当たり8000ベクレル)を超える放射性物質を検出したことが7日、分かった。(後略)

 
[2021_04_08_04]
「いくら薄めても消費者は離れる」 海洋放出に渦巻く漁師らの不安 毎日新聞  2021/04/08 TOP
(前略)宮城県の村井嘉浩知事は7日、報道陣に対し「総理の口から直接漁業関係者に話があったということは、重く受け止めなければならない」と述べた。会談には県漁協の寺沢春彦組合長も同席。(後略)

 
[2021_04_08_03]
「風評は間違いなく再燃する」福島県・浜通り首長の声 福島民友  2021/04/08 TOP
(前略)海洋放出方針の決定への理解を求めたことを受け、浜通りの首長からは、海洋放出について「慎重に判断すべきだ」との声や、風評被害対策を早急に明示するよう求める意見が上がった。(後略)

 
[2021_04_08_02]
海洋放出 福島県漁連会長「淡々と意思を表明したい」 河北新報  2021/04/08 TOP
政府は東京電力福島第1原発にたまり続ける放射性物質トリチウムを含む処理水を、海洋放出する方向で最終調整に入った。(後略)

 
[2021_04_08_01]
水戸地裁の判決 住民の請求を認め、東海第二原発の運転差し止め たんぽぽ  2021/04/08 TOP
(前略)。◎異常というよりは想定外の判決が3月18日に水戸地裁で出た。

 
 
 ▲5戻る  < 42 >  記事番号[206]〜[210] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_07_07]
コロナ感染源となる工事と老朽原発の再稼働を止めるよう求めます。 反原発自治体議員・市民連盟  2021/04/07 TOP
日本原子力発電株式会社取締役社長村松衛様コロナ感染源となる工事と老朽原発の再稼働を止めるよう求めます。(後略)

 
[2021_04_07_06]
汚染処理水「海洋放出方針決定したい」 菅首相、全漁連会長に 毎日新聞  2021/04/07 TOP
東京電力福島第1原発のタンクにたまり続けている汚染処理水の処分を巡り、菅義偉首相は7日、全国漁業協同組合連合会の岸宏会長と首相官邸で会談した。(後略)

 
[2021_04_07_05]
首相、海洋放出「近日中に判断」 原発処理水、全漁連会長は反対 東奥日報  2021/04/07 TOP
東京電力福島第1原発の処理水を巡り、菅義偉首相は7日、全国漁業協同組合連合会(全漁連)の岸宏会長と官邸で面会し、放出決定への理解を求めた。岸氏は改めて反対を伝達。(後略)

 
[2021_04_07_04]
柏崎刈羽原発のテロ対策不備で東電が弁明せず、運転禁止命令確定へ 東京新聞  2021/04/07 TOP
東京電力は7日、柏崎刈羽原発(新潟県)で長期間続いていたテロ対策設備の不備を巡り、事実上の運転禁止を命じる原子力規制委員会の方針に弁明しないと発表した。(後略)

 
[2021_04_07_03]
汚染処理水処分「近日中に判断」 首相表明、関係閣僚会議開催へ 毎日新聞  2021/04/07 TOP
東京電力福島第1原発のタンクにたまり続けている汚染処理水の処分を巡り、政府は近く廃炉・汚染水対策の関係閣僚会議(議長・加藤勝信官房長官)を開き、海洋放出を決定する方針を固めた。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 43 >  記事番号[211]〜[215] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_07_02]
汚染処理水処分、憤る東北の漁業者 「安全というなら東京湾に」 毎日新聞  2021/04/07 TOP
東京電力福島第1原発事故の後、今もタンクにたまり続けている汚染処理水。その処分を巡り、菅義偉首相は7日、海洋放出を念頭に「近日中に判断したい」との意向を表明した。(後略)

 
[2021_04_07_01]
第一原発コンテナ4000基中身不明 2017年、データ化せず放 福島民報  2021/04/07 TOP
(前略)二〇一七(平成二十九)年十二月に構内のコンテナの所在や内容物に関するデータをシステム管理する際、この約四千基の中身を正確に把握しないまま放置していたことが六日、東電への取材で分かった。(後略)

 
[2021_04_06_07]
東電社長が陳謝 福島第1原発の地震計故障 河北新報  2021/04/06 TOP
東京電力の小早川智明社長は5日、福島県浜通りの6町村を訪問し、福島第1原発の地震計故障の問題や東電柏崎刈羽原発(新潟県)での核物質防護の不備について謝罪した。(後略)

 
[2021_04_06_06]
高線量コンテナ把握せず 福島第1原発、旧研修棟付近で4基発見 福島民友新聞  2021/04/06 TOP
東京電力は5日、福島第1原発構内で、管理上把握していなかった高線量のコンテナ4基を発見したと発表した。近くで高いベータ線を出すゼリー状の塊が見つかったことを受けての調査(後略)

 
[2021_04_06_05]
避難車の放射性物質検査場「2カ所で可」 国、21道府県に通知 毎日新聞  2021/04/06 TOP
原発事故が起きた際、避難する車に放射性物質が付いていないかを調べる検査について、内閣府は原発30キロ圏内の21道府県に、検査会場の設営にあたり準備する資機材は、当面2会場分でいいとする通知を出していた。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 44 >  記事番号[216]〜[220] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_06_04]
40年超原発に国の交付金25億円と福井県知事、議長に再稼働議論も要請 福井テレビ  2021/04/06 TOP
先送りとなっていた40年を超える原発の再稼働を巡り福井県の杉本知事は6日、県議会の畑議長と面談し、県議会であらためて議論に入るよう要請した。(後略)

 
[2021_04_06_03]
東京電力社長 福島県知事に一連の不祥事謝罪 テレビユー福島  2021/04/06 TOP
(前略)3月11日に来県できなかったことにつきまして申し訳ございませんでした」冒頭、小早川社長はこのように話し、福島第一原発で、地震計が壊れたまま放置されていた問題などについて、謝罪しました。(後略)

 
[2021_04_06_02]
原発処理水、海洋放出で最終調整 13日に関係閣僚会議 産経新聞  2021/04/06 TOP
政府は東京電力福島第1原発で生じている処理水の処分をめぐり、関係閣僚会議を13日にも開く方向で検討に入った。(後略)

 
[2021_04_06_01]
菅首相、全漁連会長と面会で調整 福島第1の汚染処理水巡り 毎日新聞  2021/04/06 TOP
東京電力福島第1原発のタンクにたまり続ける汚染処理水に関し、菅義偉首相が7日に全国漁業協同組合連合会の岸宏会長と面会する方向で調整していることが、政府関係者への取材で判明した。(後略)

 
[2021_04_05_05]
福島第1原発に中身不明のコンテナ4000基 放射線管理区域内 毎日新聞  2021/04/05 TOP
東電によると、事故後、コンテナの内容物をリスト化し始めたが、約4000基は未確認のままだという。第1原発では今年3月、廃棄物保管エリアにあったコンテナの下部の腐食による内容物の漏えいを確認。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 45 >  記事番号[221]〜[225] / 記事総数[226]  5進む▼ 

[2021_04_05_04]
放射性廃棄物の地層処分と化石水問題 平宮康広 たんぽぽ  2021/04/05 TOP
◎地下水系が立坑の壁を突き破った場面で、立坑が巨大な「水道管」になり、地下施設が水没する。そして水が地上施設に溢れ出す。(後略)

 
[2021_04_05_03]
東電再評価、新潟知事が国に要望 柏崎原発問題巡り 東奥日報  2021/04/05 TOP
(前略)花角英世知事は5日、原子力規制庁の荻野徹長官と面会し、2017年の同原発6、7号機の審査合格決定時、原子力規制委員会が東電に技術的能力があると認めた判断が妥当だったのか再評価するよう求めた。(後略)

 
[2021_04_05_02]
高浜3号機、営業運転開始 中日新聞  2021/04/05 TOP
関西電力は5日、高浜原発3号機(福井県高浜町)の定期検査が終了し、営業運転を再開したと発表した。(後略)

 
[2021_04_05_01]
25年稼働、廃止作業に70年…以上も? 東海再処理施設 費用は1兆円 毎日新聞  2021/04/05 TOP
原発で使った核燃料をリサイクルする「再処理工場」。日本で初めて稼働した茨城県東海村の施設では廃止作業が進む。(後略)

 
[2021_04_04_02]
日本の「核のごみ」、カナダで受け入れ構想 元首相が関与 毎日新聞  2021/04/04 TOP
日本の原子力発電所から出る放射性廃棄物「核のごみ」について、カナダ北東部で地中に埋める処分場を造り、日本から受け入れる構想の存在が明らかになった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 46 >  記事番号[226]〜[226] / 記事総数[226]

[2021_04_04_01]
福島県浪江町津島地区のPTSD疑い「戦争並み」 テレビユー福島  2021/04/04 TOP
原発事故のあと、避難者を診察してきた精神科医が講演し、福島県浪江町津島地区でPTSDが疑われる人の割合は「戦争経験者と同じくらい高い」と指摘しました。(後略)
戻る 記事終了 戻る